香草兄弟Go&Do!

東武動物公園駅から歩いて5分くらい?

「カフェ ゴドゴド」という濁音の多いカフェにお邪魔!

f:id:aoyamayouhei:20200226133136j:plain

スパイスカレー¥500+税 お手頃価格~ッ

ご飯は白米と玄米選べる(玄米にした)

トッピングに温玉¥100も足してみました

オクラの存在感!

スパイシーを謳っているけどそんな辛くないなあ

なんて思いながら食べてると

「気が付けば口の中に辛さが?!」

辛さじわじわ来る系のカレーだったかあ

じわじわ忍び寄る辛さは骨太だけど優しい味わい…

カフェのカレーってこれだから侮れないんだよね

クッ…! これはもー「地名+カレー」で検索してる場合じゃない、

カレーを提供するカフェを探してゆきたい所存だぜ

星のコーヒィ

カレー屋さんのカレーがというよりも

カフェで提供されるカレーが食べたいなと思い私は

以前モーニングのパンケーキを食いに行った

星乃珈琲店というお店に再訪する

丁度日替わりランチ¥1,000が火曜は焼きカレーだったのである

f:id:aoyamayouhei:20200225141453j:plain

激アツ・グツグツ焼きたての状態で提供される焼きカレー

大変お熱いのでこれは気を付けてお召し上がりにならないとね

最初は少しずつ恐る恐るフーフーしながらでしか食べられないから

少しずつ味わいながら食べられる、という事でもあるんですよ

 

(ム…他にもスパゲティにプチパンケーキ、ドリンクがセットで1,000円

なんてのもあるぞ…そっちも気になるじゃないか)

 

ドリンクはカフェインレスコーヒーにしてみた

カフェインレスでもちゃんと美味しい…というか

低刺激でこっちのが飲みやすいなあ

ちょっとランチはお高いけど

上質で洗練されていて格調高いひととき・料理・コーヒーを味わえる空間は

十分それに見合うものであると私は感じた

Tears in my eyes today, Make my world,The color of blue...

https://www.colorslive.com/artist/youhei

今更ではありますけども、

ニンテンドー3DS及びiPhoneandroid・PSPVITA向けお絵描きソフト

「Colors!」で作った絵をアップできるSNSがありまして

投稿は勿論そのソフトを持っていないとできないのですが

作品の閲覧はウェブ(PC等)からでも可能となっております

コメントはソフトを持っていない人の場合アカウント取得が必要みたいですが

 

Twitterにもいくつかこのソフトで作ったモノを流しておりますが、

それもだいぶ選別したやつで

メンデス(※mental☆destruction 某うごメモコミュニティで連載してた漫画)

の4コマとか絵とかどうでもいい日常まんがなんかを

むしろこっちをメインに投稿している感じです

拡散される可能性のある、誰に見られるかわからんtwitterよりも

閉じたコミュニティの方が好き放題描けて気楽でいいなあ、という話ですよ

巻き戻せないリバーシブル・ブルースプリング

アニメのOP・ED曲が気に入ってCDを買うなどする 

 

フルサイズを聞くとTVサイズ(1コーラス)

だとわからない良さを発見できたりするなあ

フルサイズで完全版というか完結しているというか…

 

2曲とも謎の中毒性

・ 「お願いマッスル」

筋肉もボディビルもさっぱり詳しくありませんが、

「腹筋6LDKかい!」とかの合いの手が良い入り具合です

そうだ筋肉にお願いしよう!筋肉付ければ何とかなる!と思わしめる1曲

・「マッチョアネーム?」

頭カラッポで聞けるというか

聞くと頭カラッポになれるというか、

「マッスルマッスル筋肉はマッスル」を繰り返すサビとかもう

筋肉が理屈を超越する感というか…

筋肉があればOK!筋肉が全てを解決する !とか思わしめる1曲

 

 ・「輪!Moon! dass! cry!」

タイトルの意味はさっぱりわかりませんが

そして歌詞も所々意味不明ですが

OP映像込みで好みでした ハイセンスな何かを感じる

良い意味でアニソンっぽくない

 

・「青春のリバーブ

あのOPであのアニメ内容でEDがこうくるのはズルイだろと

直球で切ねえ曲なんじゃなくて こう…この「うすら切ねえ」感じ!

がたまらない、センチメンタルの極地ですね

「あの頃色々バカもやったけど、何だかんだ楽しかったなあ」みたいな…

 

「あの日の笑い声 巻き戻せないストーリー」

「振り返れば拗らせた 美しすぎる日々」なんて歌詞が

もう青春時代をとうの昔に過ぎたオッサンの胸に刺さるわ刺さるわ…

 

あの頃の思い出がいつまでもいつまでも

バーブ(=残響)の如く残り続けるのですインマイハート

 

「輪 Moon dass cry」がいいなと思って買ったCDでしたが(たしか)

繰り返し聞くうちにこっちにハマってしまった

やさしさに包まれターメリック

f:id:aoyamayouhei:20200117133844j:plain

 

御徒町駅から徒歩10分くらい?

「clover」というカレー屋さんにお邪魔!

体にやさしいカレーって事でやさしさを求めて入ってみました

どうも最近

「コーヒーやお酒やカレー等の刺激物が(体調によっては)

ちょっとあんまり受け付けない(事がある)なあ」

という感じでこれもまた加齢による諸々の色々な衰えなのかと思いつつ

スパイスの薬効は欲しいけど刺激は控えめがいい!

という私のニーズに完璧に応えているお店

 

f:id:aoyamayouhei:20200117134136j:plain

 

ピースフルな色彩のミニサラダが出てきました

 

f:id:aoyamayouhei:20200117134446j:plain

 

鶏と豚の温玉キーマカレー¥900

提供はやーい

 

辛さ(辛さなし~大辛3倍)もご飯の量(200~300g)も追加料金なしで選択可能!

 

中辛でご飯は250gでお願いしました

 

そこそこシッカリ辛いのに低刺激な感じですね

肉感ジューシィ、ナッツが散らされたキーマカレーも食感が楽しい

こりゃースルスルと入っていく系のカレーですわ

かどわかされて

 

とある新人漫画家に、本当に起こったコワイ話

とある新人漫画家に、本当に起こったコワイ話

 

KADOKAWAの大変アレな編集者に新人漫画家が振り回され、

蔑ろに扱われ、追い詰められて心身共に疲弊してゆくお話

編集者が約束を平気ですっぽかす・忘れる(しかも何度も念押しした上で)、

その場しのぎの言い逃れ・取り繕い・責任逃れをする、

なし崩し的に千数百枚のイラスト入りカラー色紙を描かされる等…

そんじょそこらのB級ホラーなんかよりも余程怖い話だったよ

「この世で一番怖いのは、幽霊なんかよりも生きた人間」ってホントだなあと

 

心身はボロボロでメンタルがデストラクトしそうになったり

心が折れそうになったりブチ切れそうになりつつも

冷静に理知的に毅然と編集部と向き合い、

戦う著者の姿が何とも頼もしくもあり痛ましくもあり

事実は小説・映画・ドラマよりも奇で壮絶でトンデモなり?

どんなに優れた才能があっても一緒に仕事をする人がアレなばっかりに

それがスポイルされ搾取され潰されてしまうような事もあるんだなあ

 

KADOKAWAにかなりヘイトが集まるような内容になってますけど

作中に社名出して良かったんでしょうか

KADOKAWA作品の不買運動などはしないで」と作者も書いてますね

作品が売れなくて困るのは作家もそうだから、と… 

立つ鳥跡を濁さずというか、ヒドイ目に遭わされておきながら

KADOKAWAへの最低限の敬意と配慮とモラルを忘れない著者…大人だ!!!

silver summer life

 

私だったらこう考える (幻冬舎文庫)

私だったらこう考える (幻冬舎文庫)

 

著者が 読者から寄せられる質問に答えたり

日々思う事などを綴るエッセイ本

 

「天災が続いており、ひどくなっている気がしますが

天変地異が起こるのでしょうか」という質問に

「人間主体で考えるから天災なのであって、

地球内部は熱い塊であり、火山の噴火も洪水も地震もその活動の一部、

人間で言うところのクシャミや身震い等のごくありふれた生命活動

人が住むのに安全なところなどどこにもないと思わないといけない

何十年も住んでて、何もなく安全に過ごせていた事の方が奇跡じゃなかろか」

なんて言い放つ銀色女史がカッケー

 

こんな風にモロモロのモノゴトから

ちょっと距離があって、ちょっと冷めてて醒めてる、くらいの

スタンス・考え方の方が生きやすいかもね なんて思ったりする

 

銀色だけに銀世界を思わせる、その身も締まるような思想!

案外読みやすくてとっつきやすい本