女児が中年男性に声をかける事案

f:id:aoyamayouhei:20220412204338j:plain

・いつものように見知らぬ土地を一駅歩いている時

途中に見つけた公園のベンチで休憩がてら本を読んでたら

向こうで遊んでいる子供たちの一人がやってきて

隣に座るじゃないですか(近っ)

「知らない人について行かない」「知らない人にものをもらわない」って

教えられてないのか?!!

いや…この場合僕からは何もアクションを起こしていなかったわけだが

 

・この時はニット帽を被ってたし、

自分でもルックス不審者に見えると思っているんですが

不審かどうかなんて小さい子のピュアな瞳ではわからないのか

マスクなしで本読んでたので(女児はノーマスクだった)

急いでマスクつけて「こんにちは」と応じる

こんな時勢ではあるけど

顔を見られまいとして焦ってマスクをする、みたいな不審者ムーブだな…

 

・何が目的なのか、何が目的で近づいてきたのか

何かお菓子でも貰えると思ったのか

公園の隅で一人本を読んでて可哀想だと思ったのか

一緒に遊んであげよう的配慮なのか

 

・本についてどう答えるべきだったのか…

「待ち受ける40代という節目を前におじさんは

人生に閉塞感や停滞・行き詰まりを感じているのをどうにかしたくて、

溺れる者にとっての藁程度の気休めじゃないかと思いつつも

本に救いを求めてこうしてあがいているんだよ」

正直なところだとこんな感じなんだけど

小さな子に話す事じゃないし…

「これはね、べんきょうのほんだよ」とでも言えばよかったのか

未就学児?に「勉強」というのが通じるのかも怪しい

 

・「こんにちは」と返す以外マトモに話せなかった

僕には小さい子を相手する機会も経験もスキルもなかった

本ばっか読んでても得られない経験というのはあるな…